SEO対策は慎重に行いましょう

慎重なSEOを心掛ける

SEO成功のカギはrobots.txtの有効活用

「良質なコンテンツ」を作り続けることがSEOを成功させるための最良の手段とされています。
「コンテンツの質」が検索エンジンの上位表示に影響する度合いは、今後ますます高くなるでしょう。
もし、あなたのWebサイトがすでに良質なコンテンツばかりになっているとしたら、今度はWebサイト内部がどれだけ最適化されているかがSEOの成否を分けるようになります。
このとき、サイトの最適化に重要な役割を果たすのがrobots.txtです。
robots.txtというと真っ先に頭に浮かぶのが、公開したくないページについて検索エンジンからのクロールを拒否するための利用法ですが、SEOにおける意味合いは少し異なります。
SEOにおいて重要なのは、検索エンジンのに無駄なクロールをさせないということです。
検索エンジンには、1日あたりのクロール数量に上限が存在するといわれます。
robots.txtは、このクロールの上限を無駄に消費させないために役に立ちます。
コンテンツを良質に保つためにrobots.txtを活用して、良質でないコンテンツ、すなわちユーザーにとって価値のないコンテンツへのクロールを防ぐようにします。
価値のないコンテンツとは、自動生成されたコンテンツです。
例えば、自動的な類義語生成や難読化の手法を使用して生成されたテキストなどが該当します。
Googleのサイトにも詳しい説明があるので一読をお勧めします。

WEBデザインとSEOの関係について

WEBデザインとSEOの関係について 誰でもが見るインターネットのページ、WEBサイト。
キーワードを入力することにより目的のサイトを検索し捜します。
この時、このキーワードに対して選出されたサイトが上から順番に並びます。
順番が高いほど閲覧される確率が高くなります。
このことをSEO対策ができているといいます。
SEOとは「検索エンジン最適化」という意味で、WEBデザインでは内容や表現とともに重用です。
どのWEBサイトも検索キーで上位に入れるよう、様々な方法が駆使されています。
どんなにすばらしい内容やWEBデザインであっても、キーワードから検索されなければ、誰にも見てもらえません。
そもそも、WEBサイトは作成してすぐに成果が出るというものではありません。
SEO対策を施し、更新や修正を重ね、徐々にアクセス数が増えていくのを待つしかありません。
また、WEBデザインには外面と内面があります。
外面では写真、イラスト、レイアウト、色彩など、目で見える部分を管理します。
その第一印象がWEBサイトを見てもらう・知ってもらうに発展し、最終的な目標に達成します。
企業ならばイメージアップ、販売店ならば新規顧客、売り上げアップという効果につながります。
内面ではSEO対策、プログラミング、リンク、ヘッダ設定、代替キーワード設定などのWEBの見えない部分の管理を行います。
どちらもWEBデザインを構成するものとして大切なものです。

メニュー

『SEO 活用』 最新ツイート