SEO対策は慎重に行いましょう

慎重なSEOを心掛ける

SEOにおけるリンク否認の必要性

SEOにおいて大切なポイントのひとつとして被リンクが挙げられます。
つまりは、サイト同士で一方的・もしくは双方向的な繋がりを持たせるということです。
これにより、リンク元のサイトからリンク先のサイトを紹介するような形になり、何かしらの有益な情報を有しているサイトと判断される材料になります。
当然のことながら、紹介元のサイトが良いサイトであることが前提です。
つまり、質の悪いサイトから紹介されても、あまり意味はなく、むしろマイナスの要素になってしまうことも否定できません。
このような場合に、リンク否認を行います。
ただ、よほど悪質なサイトからのリンクでない限りは、プラスにはならなくてもマイナスになることは少ないので、それほど神経質にリンク否認を行う必要もありません。
現実世界では、たくさんの人から紹介されるものは注目度が増しますが、インターネットもそれと同じ原理だと考えて差し支えありません。
また、リンク否認をするためのツールも開発されているので、必要に応じて活用するのもひとつの手段です。

301リダイレクトとSEOの関係

SEO対策時に注意したい「クローキング」とは? 301リダイレクトとはあるドメインについて別のドメインに恒久的に転送をすることです。
SEOにおいてアクセス数やどのように流入してきたのかという事は重要な指標となるので、影響力のあるブログやウェブサイト、販売サイトなどの場合にはとりわけ維持するべきものになります。
301リダイレクトを使うことで、ドメイン変更前の旧サイトのアクセスを新規サイトにそのまま受け渡すことができるようになるので、SEOでの評価も引き継ぐことができるようになるのがメリットです。
誘導をすることができるのは、ウェブサイト側だけのメリットではなく利用者側も使いやすさを得られるようになるので有用です。
ブックマークなどを活用して今まで通りアクセスする習慣を持っている人がいるときには、それらのアクセスを絶やさずに済みますし、利用者も今までと同様の感覚で訪れれば勝手に転送してもらえるので細かく考えなくて済むので利用の断絶が生まれません。

メニュー

『SEO 否認』 最新ツイート

@junsuimasuku

146. 勝手にリンクが増えていく?! 「ネガティブSEO」の対処法 ウェブマスターツールで、自分のサイトが変なサイトからリンクを貼られていないか定期的にチェックする →貼られていたときは、「リンクの否認ツール」で否認する… https://t.co/cLBYC6HS3y

8日前 - 2020年05月17日