SEO対策は慎重に行いましょう

慎重なSEOを心掛ける

SEOを利用したスパムに注意しよう

自分のサイトが検索結果の上位に表示されるように、SEOが活用されています。
上位に表示されれば、検索エンジンを利用する人の目に止まり、サイトの訪問者数が増えるようになります。
このような取り組みを行うことで、会社の利益の向上にもつながるのです。
しかし、このSEOを使って、悪質な行為をする者もいるのです。
悪質な行為の一例として、スパムがあります。
不当な方法で検索エンジンの上位に表示させようとする行為やサイトで、これにより検索結果の整合性を乱したり、利用者が本来見たい情報にたどり着けなかったりします。
検索エンジンには、ディレクトリ型とロボット型があります。
この2つのうち、スパムを受けやすいのはロボット型であり、ロボットの独自の判断により不当な操作が受けやすくなっています。
一方、ディレクトリ型は人の手によって登録されていることから、不当な操作を受けることは少なくなっています。
スパムには、利用者をほかのページに転送させたり、利用者が見えないテキストを組み込んで検索にかかりやすくしたりするなど、様々な方法で検索結果に影響を与えます。
最近は人の手によりチェックが厳しく行われるようになり、違反行為が見つかると、検索順位を下げられたり、インデックスから削除されたりします。

SEO対策時に注意したい「クローキング」とは?

SEO対策時に注意したい「クローキング」とは? 企業のウェブサイトやネットショップの集客強化のために、SEOに取り組まれる方が増えてきています。
自分のウェブサイトに対する検索エンジンからの評価を高めるために、HTMLの表記や内容の最適化、外部対策などを行うときに気をつけたいのが「クローキング」。
では、このクローキングとは一体どのようなものなのでしょうか。
クローキングとは、検索エンジンとウェブサイトの閲覧者に対して、異なる内容のページを表示すること。
サイトの閲覧者には見栄えの良いウェブページを表示する一方で、検索エンジンのアクセスがあった場合には、検索エンジンからの評価を上げるために、特定のキーワードや文言を故意に挿入した不自然なウェブページを表示するような仕組みになっているウェブサイトが代表的な例として挙げられます。
検索エンジンからの評価を上げるため、表示されるウェブページの内容を故意に操作することはGoogleが発表している「品質に関するガイドライン」に違反するとして、スパム判定を受けることがあります。
また、携帯電話やスマートフォン向けのページを分けている場合、作り手の意図しない部分でスパム判定されることもあるため、SEO対策には細心の注意を払う必要があります。

SEO対策お役立ちブログ

検索エンジン最適化に役立つ海外情報を投稿するSEOブログ

海外のSEO対策で極めるアクセスアップ術

無駄な時間と費用が一切かからない成果報酬型SEO

SEOを成果報酬型で始める

メニュー

『seo 順位』 最新ツイート

@cinc_analytics

🔎Zip圧縮によるデータ分析🔎 発想が素晴らしい投稿を共有します ツイート内容の圧縮率から botであるかを判定する分析です SEOでも活用可能かもしれません 💡「語彙が多い方が濃いコンテンツと評価される」の仮説検証 本文… https://t.co/thrrfPmqMz

22分前 - 2020年07月15日


@xsc_marketing

SEOで勘違いされていることランキング 1位 大手しかあげられない 2位 順位が全て 3位 記事を量産すれば良いと思っている 4位 業者に頼まないとできない 5位 エンジニアだけの仕事 続きも募集中🤗

41分前 - 2020年07月15日


@takajihiroshi

アップステージもSEO上がり始めた。 indeedとか求人ボックスとかタウンワークとかと順位争いしてる。全部上場企業やん。 色々やり過ぎてどれの効果か全く特定出来んけど、「著者情報」が効いたような気がする。 頼む、上がったままで居てください☆

1時間前 - 2020年07月15日